これが僕のHIVとの生き方

2013年8月にエイズを発症したHIV患者の闘病記です。日々の生活と素直な気持ちを綴っています。

2017年06月

体調不良でまた欠勤

今朝は起床時に38.4℃。

この時点で出勤は無理だろうと
欠勤の連絡を入れて休んだ。

咳が酷く、頭痛、悪寒。
無理矢理バナナを口にし
カロナールを服薬。

解熱ができてくると
今度は発汗で蒸し暑い。

その繰り返しで
解熱ができてもしんどい。

このところ発熱が多く不調が長引く。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ

また発熱

今日は日中
酷く咳が出る。
咳し過ぎて肺が痛い程。

調子が今ひとつだなと感じ
カロナールを朝、昼、夕と
服薬し調子を整えた。

脂汗のような変な汗が出る。
調子が悪い。

熱っぽいと先程検温したら
38.2℃。
夕飯もあまり喉を通らない。
通常の半分はなんとか食べた。



こういう時程
健常者が羨ましい。

健常者に扮して
それ以上の働きをしようと
自分の体にムチ打っても
中身が違う。

体がついていかない現状に
地に落とされる気分だ。

誰かに愚痴でも言えると
楽なんだろうけど。

明日は仕事量を調整しよう。
朝の準備は放棄してもう寝よ。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ

昨日は発熱で不調の一日であった

昨日は38.4℃の発熱。

朝から寒気があった
熱っぽいと感じ体温を計測すると
案の定、熱があった。

恐らく前日に
きちんと眠れてなかったのと
寒いと感じながらも
パジャマを着ず、上掛けも
かけてなかったからだろう。

先月は拗らせたばかりで
今回も拗らせなければと考えながら
カロナールで解熱し様子を見た。

カロナールが切れた頃に
また調子が悪くなり発熱。
そしてカロナールで解熱
といった状態であった。



今日はいつもの習慣を
崩すと調子が悪いと考え
昨晩はバナナと無調整調乳の
スムージーを食した。
今朝はフルーツのスムージーを飲み
一日調子を見たのだけれども
今日も体は重く、睡魔が襲う。

カロナールが近頃は常服な為
不調の判断がむずかしいのだが
服薬しなくとも
今日は恐らく発熱はなかっただろう。
明日には順調に
いつもの体調になるはずだ。



歳のせいなのか
毎日が規則正しすぎるせいか
睡眠時間の確保と
食事管理を徹底しないと
どうも体調も精神も調子が悪い。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ

眠剤増量の効果がテキメン

眠剤の効果が
覿面に出ている。

ルネスタを2mgから
3mgに増やした。
疲れの取れ具合が違い
こちらはぐっすり眠れているようだ。

結局、途中起床はするのだが
それも朦朧としており
また深い眠りに落ちる。

以前は、途中起床をしてしまうと
起床の心配があり
そこからの眠りが浅かった。

ルネスタ2mgを服薬しても
眠れない日もあり
追加でゾルピデムを飲んだ時もあった。

精神的にも順調で
徐々に落ち着いてきている。

反面、口の中の苦々しい感じも
長続きして夜まで
水はもちろん、特定の食べ物は
苦く感じてしまう。

炭酸水はなぜか苦く感じない為
もっぱら炭酸水を飲む機会が増えた。



日中の眠気のコントロールが
うまくいっていない。

これは10時に服薬をする
抗ヒスタミン薬の影響が
あるのかもしれない。

ここのところ自宅で入れた
フレンチプレスのカフェオレの
お世話になっている。



仕事上の影響か
鼻炎がひどくなり頭痛。
アレルギー反応を抑える為の
抗ヒスタミンは欠かせないが
眠気が襲う。

ストレスと不安感を抑える為に
抗不安薬を服薬する。
反面に、思考の全てが頭から飛んで
フリーズして動けない時が多々ある。

業務は管理者兼、労働者である為
自分のペースで仕事ができる。
楽しみさえ感じる。
それだけが今の救いだ。

ゆっくりとペースを掴んでいこう。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ

心療内科受診と眠剤の増量

今日は心療内科へ。

前回は風邪の為に具合が悪く
短時間の診察であった。

今日はいつも通りの診察。



前回は医師に
抗不安薬の半錠を
服薬すると告げていた。

その結果の報告と
挫折した旨を伝えた。

四日か五日経過したあたりに
叔母が亡くなり
その後も続けたのだけれども
一週間で挫折してしまった。

非日常の行事で
何かが安定しないのだろう。
その点も医師に伝えた。



睡眠状況を問われた。

11時過ぎに服薬をし
ベットでゴロゴロとする。
12時頃に就寝ができ
4時頃に一旦起床する。

その後はうつらうつらとする為
疲れが溜まった感じがある。

朝は眠気が強く
昼に仮眠をして睡眠を補充している。

睡眠状況と心理状況は紐づいており
睡眠が十分に摂れると、心理面がよくなる。
担当医に言われたのだが
心理カウンセラーもそう言っていた。

ここで問題なのがゲンボイヤである。

副作用の悪い夢が毎日ある。
悪夢程ではないが
胸糞悪いという内容の夢である。

睡眠の質を上げるというのが
簡単にはいかないと
状況を打破する糸口を
判断しかねていたところ
医師から眠剤の変更の提案があった。

ルネスタはルネスタではあるが
2mgから3mgへと量を増やした。

これでぐっすりと逝けると良いが。



抗不安薬の減薬から
断薬へと試みるのは
叔母の法事が
落ち着いてからにする。

ゲイでHIVという状況は
こんな辺鄙な田舎では閉鎖的だ。

時間の渦にただただ呑まれて
老いていくのではないかと
不安に駆られてしまう。

それを打破するのも
受けれてしまうのも
自分自身しかないのに
薬にすがらないと
自分を保てない様は滑稽だ。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
プロフィール

ぽけんた

1982年生まれ、九州在住、HIV患者。2013年8月15日に〈いきなりエイズ〉を発症。闘病の記録と正直な気持ちを綴っています。見て頂いた方のお役に立てれば良いです。

服薬
【抗ウイルス薬】
ゲンボイヤ
【その他】
レクサプロ・ベルソムラ・ロゼレム・オロパタジン・カロナール
〔2018年6月現在〕
検査数値 (CD4・RNA)

〈2018〉
450ぐらい・検出値以下 (2/7)
〈2016〉
450ぐらい・29(5/25)
〈2015〉
369・検出値以下(6/8)
〈2014〉
269?・32(4/7)
169・20(3/10)
121・20(2/10)
〈2013〉
110ぐらい・74(12/16)
97・? (11/25)
81・460 (10/7)
155・4000 (9/13)
30・430000 (9/5)
48・? (8/15)
ぼやき
更新状況
応援クリックが励みになります にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村
記事検索
リンク
【国立機構 九州医療センター】
kyusyu

【エイズ・ワーカーズ・福岡】aidswakazu

【コミュニティセンターhaco】haco

【ぷれいす東京】ptokyo234x60_02

【ジャンププラス】aidswakazu
承諾事項
商用目的、および商用と判断したコメントは、削除もしくは修正させて頂きます。ご了承下さい。
  • ライブドアブログ