これが僕のHIVとの生き方

2013年8月にエイズを発症したHIV患者の闘病記です。日々の生活と素直な気持ちを綴っています。

2018年12月

HIVと僕と大晦日

今、四国にいる。

九州からのんびりと下道で
ひとり旅をしている。

北九州を越え
下関を渡り
山口で車中泊をし

起床して広島へ向かい
尾道から四国へ渡り
今は今治。

高速で行けば
朝出て夕方には着くだろうが
ぶらぶら時間を楽しんで
旅をしている。

僕は随分と患者としての余裕が
去年と比べると出たものだ。



毎年、闘病での課題を
自分に課している。

今年は
“人としての本来の楽しみを手に入れる”
という抱負を立てた。

他人には分かりづらいのだろうが
僕は理解している。

その為には
抗うつ薬を断薬すり必要があったし
HIVという病気を
改めて考え直すべきであった。
気分転換の趣味も必要である。

改めて一年を振り返り
抗うつ薬を断薬はできていないが
断薬スケジュール立てており
新年早々に断薬へ踏み切るつもりである。

HIVに関しては
U=Uという考え方が出てきて
僕は僕を蔑む必要はないのではと
考えるようになった。

服薬によりウイルスを抑え込み
二次感染の可能性がない状態
検出値以下を保てれば
健常者と限りなく変わらない。
それのどこを蔑む必要があろうか?

趣味に関しては
タイ旅行を通して
エネルギーの補充が出来た。
旅を趣味として
もっと展開しようと考えている。



来年の抱負は
“落とし所”である。

どこまでで自分を納得させて
満足させるか
自分の価値観を固める。

満足するものは満足して
満足しないものは精進して
その区分けをしていくつもりだ。

漠然とした抱負なのだが
それだけに年々充実してきたのだろう。



いつも見ている方も
はじめましての方も
このブログを読んで頂き
ありがとうございます。

来年もよい年を
お互いに迎えましょう!

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ

カウンセリングと断薬に向けた計画

一昨日はカウンセリングの日。

前回はまだ減薬に踏み切る前だった為
現状の減薬の状況
断薬へ向けた、自分なりの計画
診療内科の終診等を報告し

断薬へ向けた
具体的な計画を話し合った。

現在、頭痛、吐き気、倦怠感などの
離脱症状に苦しんでいる。

なんとかカウンセリングの日までは
断薬へ向けた減薬を続けようと
我慢してきた。
そして、来週には断薬を
半ば強行ではあるが
行おうと考えていた。

今までの順調な減薬へのこだわりと
長々と抗うつ剤を服薬している嫌悪感が
あるからだ。

上記も担当の先生に伝えた。

今挑戦的に急いで
断薬して挫折するよりも
“確実な断薬”に向けた
計画を立てた方が良いのでは?
とのアドバイスを受けた。

ごもっともである。

挫折し再び抗うつ剤を服薬するのは
大学でいうところの
“落第“とか”留年“に
似たような嫌悪がある。

回避する為には
適切な判断をしなければ。

話し合った結果
錠剤は十分に手元にある為
離脱症状が落ち着いて
正月休みが明けた頃に
断薬を始めるようにした。



今日は調子万全ではないにしろ
調子は悪くはない。
恐らく離脱のピークが過ぎたはず。

今は調子が落ち着くのを望みながら
日々過ごすしかない。

順調にいけば
次のカウンセリングで終診と
しようと考えている。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ

離脱症状に悩む

昨晩は抗うつ薬を半錠服薬。

飲んで15分ぐらい経った頃から
気分の変化があったような気がした。
30分後には確実な実感に変わった。
精神が上向きだからか
眠れずに夜更かしをしてしまった。

今朝は調子が悪かった。
体を起こせないし
会社を休もうかとも考えた。

自律神経とは別に
体は体でCPAPの恩恵を受けて
スッキリ感はあった。

変な感じ。

体を起こして準備して出勤。
仕事をすると気が紛れるので助かる。

断薬へ向けた減薬を
断念しそうではあったが
なんとか今日を乗り切った。



今週末か来週頭が離脱のピークだと
思っていたのだが
想像よりも早く出ているのかもしれない。

通常一錠の服薬なのだが
今は半錠の服薬にしており
血中濃度が低い状態だったからか?

ここが踏ん張りどころ。

来週はカウンセリングなので
とりあえず、その日までは
しばらく辛抱しよう。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ

悪い夢、再び

昨晩は悪い夢を見た。

頭かち割り殺されて
槍で下から串刺しで殺され
逆に騙して殺したり

死んだらリセットされてまた死ぬ。
この繰り返しで
何度も生死を経験した。

抗うつ薬に変化を入れると
まず初めに出てくるのが
こういう夢の副作用である。
離脱の始まり。

先週の金曜から減薬し
一日置きの半錠の服薬にしている。

早速離脱が出てきたからには
今週末か来週頭が離脱症状の
ピークだろう。

頭痛、吐き気は、出ても諦めがつくが
体が重くて起こせないとか
仕事の勤怠に影響が
出なければいいんだけど。

うーん、怖いな。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ

心療内科と終診

金曜は心療内科の通院日。

抗うつ薬を半錠の服薬に
減薬していた。

タイからの帰国後
自律神経の乱れか
もしくは離脱症状からか
どうも体調今ひとつである。

吐き気、頭痛に加え
今ひとつやる気おきない。

体調を担当医に相談し
断薬へ向けた、減薬の希望も
合わせて伝えた。

しんどいながら
まだ進めるような
気がしている。

断薬できそうな気がしている。
このタイミングを逃すと
いつまた同じタイミングが
訪れるわからない。



その結果
一日明けての半錠の服薬を
二週間するようにした。

それからは
断薬をするのか
二日置いての服薬かは
自己判断で行うようにした。

『調子が悪いときは
また連絡頂戴ね』

帰り際に担当医から言われた。

経過が順調だった場合
今回は断薬に至る。

この日が
実質の終診である。



昨晩は抗うつ薬を
服薬しなかった。

どことなく調子が乱れるのか
一時間ごとに途中起床を繰り返し
眠れなかった。

加えて、寝坊という失態。
仕事になんとか間に合ったので
よかったものの。

“闘病“という文字が身にしみる。
闘い続けている感覚はあり
今回の抗うつ薬の弾薬への挑戦も
僕の闘いの一つなのである。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
プロフィール

ぽけんた

1982年生まれ、九州在住、HIV患者。2013年8月15日に〈いきなりエイズ〉を発症。闘病の記録と正直な気持ちを綴っています。見て頂いた方のお役に立てれば良いです。

服薬
【抗ウイルス薬】
ゲンボイヤ
【その他】
レクサプロ・ベルソムラ・ロゼレム・オロパタジン・カロナール
〔2018年6月現在〕
検査数値 (CD4・RNA)

〈2018〉
450ぐらい・検出値以下 (2/7)
〈2016〉
450ぐらい・29(5/25)
〈2015〉
369・検出値以下(6/8)
〈2014〉
269?・32(4/7)
169・20(3/10)
121・20(2/10)
〈2013〉
110ぐらい・74(12/16)
97・? (11/25)
81・460 (10/7)
155・4000 (9/13)
30・430000 (9/5)
48・? (8/15)
ぼやき
更新状況
応援クリックが励みになります にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村
記事検索
リンク
【国立機構 九州医療センター】
kyusyu

【エイズ・ワーカーズ・福岡】aidswakazu

【コミュニティセンターhaco】haco

【ぷれいす東京】ptokyo234x60_02

【ジャンププラス】aidswakazu
承諾事項
商用目的、および商用と判断したコメントは、削除もしくは修正させて頂きます。ご了承下さい。
  • ライブドアブログ