今日は通院日
皮膚科と内科。



まずは皮膚科。

夏頃から皮膚に毛穴の詰まりや嚢胞が増えてきて
顔の毛穴の詰まりもケアしても
ケアが追いつかない状況であった。

10月の診察で
たまたま皮膚の状態を担当医に見せたところ
担当医から指摘を受けた。

僕はホエイプロテインを1日に4回
ジムの日は5回飲んでいる。
そのため、プロテインが原因だと考えていた。

担当医にその旨を伝えたところ
プロテインの飲み過ぎが原因ではなく
頻繁な汗により真菌が増えているにだそう。

そこで“コラージュフルフル”という
殺菌効果のあるボディソープを紹介され
“ケトコナゾール”という
真菌剤の軟膏を処方された。

今回の診察で結果を伝えたのだが
うまく改善されており
毛穴の詰まりが全てなくなった。
不思議。

今回は痒み止めの薬を
以前から様子がてら飲んでいた
“ベポタスチン”という薬だけにした。

痒みが強ければ
ステロイド軟膏で調整する。



次に内科。

症状や処方に関しては
特に特筆すべき内容はないのだが
実は“梅毒”にかかりまして
本当に最悪。

同性間に限らず
全国的に増加傾向にある為
注意しないととは
思ってはいたものの。
恥ずかしいやらなんというやら。

前回の診察で手足にバラ湿と
喉に出来物が出来ており
担当医に見せたところ
血液検査を促され陽性判断。

そして二週間分の抗生物質が処方され
10日目に全身に湿疹が出てくるわ
倦怠感やら吐き気があるわで
この1ヶ月間は罰のような期間であった。

また診察で医師に
何をどう伝えていいのやら迷うものだ。
同性間の生々しい世界を、異性愛者にどう
オブラートに包んで言うか。

また向こうもプライバシーの問題等々あるため
聞き辛そうな気まずさ。

1月に採血をして
その結果次第で
抗生物質を再服薬するか決める。



診察後半に
担当医が3月で病院から離れるのだと
告げられた。

移動先の病院では
HIVの治療体制がない為
担当からいずれにせよ外れると。

HIV治療では自立支援制度を利用する場合
申請書に病院と薬剤局を
患者が指定する必要がある。

指定する場所は
予め自立支援制度が使えるように
病院ないし薬剤局が
登録しておく必要があるのだ。

よって指定できない病院へ通院する場合
高額医療費制度の上限額負担を
負担せざる得ない。


よって僕の選択肢は

・今の病院で今とは異なる医師

・拠点病院でカウンセラーをつけられるが
そりが合わない医師

・中核拠点病院で通院に1時間40分かかるが
県で最も手厚い医療


HIVの医療現場での認識は
慢性疾患になりつつある。

薬も新薬のおかげで、どの病院を選んでも
十分な“治療”を受けられる。
問題はどれだけ自分が納得出来る
“医療”を受けるかだ。

僕は治療環境をよく吟味する。
自分本意の治療でありたいからである。

まだ期間はあるので
十分に考えるつもりだ。


にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ