これが僕のHIVとの生き方

2013年8月にエイズを発症したHIV患者の闘病記です。日々の生活と素直な気持ちを綴っています。

2020年02月

仕事と体調のバランス

『◯◯君にとって大事な話あってね…』

仕事中に課長に呼び止められて
部署異動を打診された。

話を伺うと
確定ではないが、役員から課長へ
来季の僕の部署異動の話が上がっているようだ。
それに関しての僕の返答が知りたいと。

経験上、異動はほぼほぼ確定で
間違いなさそうである。

異動先の部署は
以前から異動願いを出したい程
行きたかった部署であり

今後の自分の理想を考えると
このタイミングの異動は
僕にとっても好都合である。



4年半前に今の部署に異動して
管理者としての成果を上げる条件に
自由に部署のやり方を変える点を
条件として盛り込んだ。

その際、“闘病しやすく”という内容も
僕は重視せざる得ず
体調が優れない時は業務量を調整したりと
業務内容も自由に調整をしていた。



調子は安定しているとはいえ
体調の波はあるし
薬で調整しないといけないし
健常者と同じようにはどうしてもいかない。

次の部署では、また一から始める。
時に仕事と体調のバランスで
悩む時もかもしれない不安もある。

自分が仕事の面で
どこに向かいたいのか
明確に見据えて
おかなければならない。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ

治療体制を整える

現在の担当医が4月から移動になる。
病院の体制が変わる。
具体的に、僕は決めて行かねばばらない。
なかなかうまくいかない。
HIVだからである。



先週は通院であった。
まだ皮膚科も併せて診察している。
皮膚の状態をHIVと絡めて治療したいからである。

病院から皮膚科がなくなり
重篤な患者だけ週に一度、皮膚科医が派遣となり
診察を設けるようだ。

4月からの内科医の診察曜日が変わる為
そちらに合わせるのだが
そうすると皮膚科は他院での診察となる。

他院に紹介状を書くようだが
その中にHIVの記載は書くとの
皮膚科医の意向である。
そうすると地域に根づいた
近所の皮膚科へはかかれない。

二次感染のリスクがあるからだとか。

終診して、他院にかかるのは
駄目だと釘を刺される。
今の現代では、病院内ではHIV差別は起こらないから
その点は安心してよいと。

果たして、そうだろうかねぇ?



次は内科医との最後の診察なのだが
皮膚科をどうするか考えて
皮膚科医の意向を、内科医に相談するつもりだ。

今の担当医にはお世話のなりっぱなしである。



話は変わるが
コロナウイルスの拡がりについて
パンデミックになった場合の
薬の入手を心配している。

病院がパンク状態になった場合に
各処方薬が手に入るのだろうか?

そもそもマスクが手に入らない故に
月に一度の通院、しかもCPAPでの。
正直通院頻度をしばらく下げたい。

心配しても、これから先の展開は
読めないから、仕方ない。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
プロフィール

ぽけんた

1982年生まれ、九州在住、HIV患者。2013年8月15日に〈いきなりエイズ〉を発症。闘病の記録と正直な気持ちを綴っています。見て頂いた方のお役に立てれば良いです。

服薬
【抗ウイルス薬】
ゲンボイヤ
【その他】
レクサプロ・ベルソムラ・ロゼレム・オロパタジン・カロナール
〔2018年6月現在〕
検査数値 (CD4・RNA)

〈2018〉
450ぐらい・検出値以下 (2/7)
〈2016〉
450ぐらい・29(5/25)
〈2015〉
369・検出値以下(6/8)
〈2014〉
269?・32(4/7)
169・20(3/10)
121・20(2/10)
〈2013〉
110ぐらい・74(12/16)
97・? (11/25)
81・460 (10/7)
155・4000 (9/13)
30・430000 (9/5)
48・? (8/15)
ぼやき
更新状況
応援クリックが励みになります にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村
記事検索
リンク
【国立機構 九州医療センター】
kyusyu

【エイズ・ワーカーズ・福岡】aidswakazu

【コミュニティセンターhaco】haco

【ぷれいす東京】ptokyo234x60_02

【ジャンププラス】aidswakazu
承諾事項
商用目的、および商用と判断したコメントは、削除もしくは修正させて頂きます。ご了承下さい。
  • ライブドアブログ