今日は通院日。

実は4月に内科・院内皮膚科
ともに新しい担当医になった。

ブログで記載する意欲がなく
今日は記録として残す。



コロナの影響で
本来であればCPAPの通院が月に一度のところ
二ヶ月に一度となった。

その為4月に受診後の
二ヶ月経過ののち、6月の受診。

院内は、すっかりコロナ対策で
様変わりしており
玄関口で職員が検温と手のアルコール散布
37.5°以上は入館できないようになっていた。



皮膚科では
このところ皮膚の痒みが強い旨を伝えた。
汗疹だろうと訴えたところ
医師も汗疹なのだと返答した。

今は炎症を抑えるステロイド剤と
体のカビを抑える抗真菌薬を
処方されているのだが
この二つは相反する。

ステロイド剤は逆に真菌を増やし
抗真菌剤は炎症を抑えられない為
痒みを防げない。

医師もどちらを塗るかは悩ましいと言う。
汗ばむ季節の前は抗ヒスタミン薬で
痒みを抑えられていた故
今回は抗真菌剤を優先するようになった。

そして、この季節に皮膚科医が勧める
コラージュフルフルのサンプルをもらった。

コラージュフルフルとは
真菌殺菌成分の入った
ボディソープとかシャンプーなのだが高い
その反面、効果はしっかりとある。

悩ましいのだが
病院の会計待ちの時間に
アマゾンで買った。



内科は特に変わりもなく
特出して伝える内容もなく
手短に済ませた。
担当医も忙しいみたいであったし。

採血でのウイルス量測定等は
次回になった。



今朝は朝だらだらと起床してしまい
通院の家を出る予定時間から
大幅に遅れてしまった。

というのも
昨晩は3時過ぎまで起きており
なんだか落ち着かなかった。

このところ通院が気乗りしない。

闘病開始から随分と年数が経ち
病気と向き合わなければ
いられなかった状況から脱し
健常者のような感覚でいる時間は多くなった。

現に抗ウイルス薬に対して
サプリメントのような感覚であり
健常者なのだと無意識に錯覚しつつある。

この感覚は良くない。

その為、健常者から患者へと
猫が首根っこを捕まえられて
持ち上げられるように
通院日は背けられない環境へと
放り投げられる感覚に襲われる。

気持ちの切り替えに時間がかかるため
前夜どことなく眠れない。

夏休み明けの朝に
学校に行きたくないと駄々をこねる
小学生となんら変わりない。

大人なのにね。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ