これが僕のHIVとの生き方

2013年8月にエイズを発症したHIV患者の闘病記です。日々の生活と素直な気持ちを綴っています。

心理カウンセリング

心理カウンセリングの終診

今更ながら更新。



先々週、心理カウンセリングを受けた。
それを最後に一旦終診とした。

抗うつ剤の断薬から、離脱を抜けて
今も断薬を継続中である。

状態は随分と良くて
なぜか不眠症も治ってしまった。
五年ぐらい悩みの種であった
不眠症があっさりと。

若干、特有の気分が落ちがあるが
今までのカウンセリングの
成果が生きていて
考えをそらしたり
気分転換を図ったりと
気分の波も自己修正が出来ている。



『隔月でも、セルフチェックを
してはどうだろうか?』

カウンセラーの先生から
助言があった。

無理を通しがちな性格から
そう言ったのだろう。

精神的に不安定になったとしても
これまでの苦労が水の泡になってしまう
という焦燥感から
僕は自分の中で極力抑えるだろう。

良くても悪くても
自己を客観的に判断するのは
僕に合ってるかもしれない。

その他も他愛のない話も含めて
やりとりをし終診した。

これからは自分で解決していく
自立した闘病である。



気持ちが楽になったのか
心に余裕ができたおかげか
これまでの闘病の経緯を
振り返る時がある。

これぐらいのことで…とか
たかだか…とか
たいしたものではない…とか

選り好みのわがままだと思われていた
食事制限だとか
父が亡くなったり
孤独な肝炎治療も

その時は懸命であって
大変だったし
落ち込んだり葛藤したり
するのも無理ないなと。



HIVに関しても
捉え方に変化がある。

HIVを患ったのは確かに不幸である。

しかしながら、何が何でも
不幸なのか?と問われると
そうではないと
僕は考えている。

患者がどう苦悩するのか
何かしらの病気にならないと
健常者ではわからない点が多々ある。

鬱になった経験で
鬱病の苦しみを

不妊症もまた同じく。

患わなければ
今の人生の厚みは
なかったはずである。



こういった物事の柔軟な捉え方も
精神的に快方に向かったおかげであり
カウンセリングにしても
抗うつ薬にしても
“やめどき”だったのであろう。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ

カウンセリングと断薬に向けた計画

一昨日はカウンセリングの日。

前回はまだ減薬に踏み切る前だった為
現状の減薬の状況
断薬へ向けた、自分なりの計画
診療内科の終診等を報告し

断薬へ向けた
具体的な計画を話し合った。

現在、頭痛、吐き気、倦怠感などの
離脱症状に苦しんでいる。

なんとかカウンセリングの日までは
断薬へ向けた減薬を続けようと
我慢してきた。
そして、来週には断薬を
半ば強行ではあるが
行おうと考えていた。

今までの順調な減薬へのこだわりと
長々と抗うつ剤を服薬している嫌悪感が
あるからだ。

上記も担当の先生に伝えた。

今挑戦的に急いで
断薬して挫折するよりも
“確実な断薬”に向けた
計画を立てた方が良いのでは?
とのアドバイスを受けた。

ごもっともである。

挫折し再び抗うつ剤を服薬するのは
大学でいうところの
“落第“とか”留年“に
似たような嫌悪がある。

回避する為には
適切な判断をしなければ。

話し合った結果
錠剤は十分に手元にある為
離脱症状が落ち着いて
正月休みが明けた頃に
断薬を始めるようにした。



今日は調子万全ではないにしろ
調子は悪くはない。
恐らく離脱のピークが過ぎたはず。

今は調子が落ち着くのを望みながら
日々過ごすしかない。

順調にいけば
次のカウンセリングで終診と
しようと考えている。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ

カウンセリングと減薬・怠慢

今日はカウンセリング。

診察時間を勘違いしていた為
大幅に遅れてしまい
先生に迷惑をかけてしまった。

その為、話したい内容から入った。



7月末から精神状態が
上がり過ぎており
具体的な実感をしたのが
8月に入ってから。

金遣いが荒くなり
やたらとテンションが高い。

睡眠時間も1時、2時に就寝し
5時に起床。
そこから二度寝をし
6時半ごろには起きる。

木曜日までは
この生活サイクルで持つのだが
金曜日には流石に
スタミナ切れを起こし
帰宅して寝落ちしてしまう。

この状況を先生に話した。

心療内科でお盆期間を利用し
減薬を打診されたが
実際には減薬に至らなかった旨も。



減薬したいし、すべきなのだが
今ひとつ前のめりにはなれない。

今の精神的に"上がった"状態の
おかげで家族関係がうまくいっており
甥っ子姪っ子との関係が
今までの中で最も好調である。

これに加えて
以前、抗うつ剤が切れてしまった際の
体が重くて動けない状況への
恐怖が足かせになってしまう。



何かのきっかけを欲しく
先生にアドバイスを伺った。

今までの僕の状況や
副作用に対する神経質さ
から判断して
土曜日にまずは半錠に減薬を
してみてはどうかと打診を受けた。

日曜日に調子が
悪くなってしまったら
半錠を持ち運びで忍ばせておいて
出先でも飲んでみてはと。

確かに半錠を持ち運びすれば
安心できるし
減薬にも踏み切れる。



早速、今週の土曜から
試してみるつもりである。

抗うつ剤で支えられていると
抜くのが苦労するのだが

薬剤で自分を形作っている
仮の姿から
本来の自分へと戻す時期なのだろう。

今となっては
本来の自分がどうだったかさえ
忘れてしまっているのだが。

 にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ

カウンセリングと自律神経の乱れ

今日は心理カウンセリングの日。 

起床したものの
猛烈な眠気。

通常の診察と異なり
病院へ到着時に
諸手続きがない。 

その為
起床時間のギリギリまで
ベットの上で過ごした。

なんとか起床できたものの
身体中が痛く
かつ、どんよりと重い。
くらくらする目眩は
相変わらず今日もある。



何を話すべきか
体調不良もあり決められず
担当医と話した。

吐き気
風邪
抗うつ剤の切れ
睡眠の不調

木曜は心療内科への
通院であり
5月初旬は忙しい為
心療内科で何を話し
自分がどう希望しているのかが
わからない旨を相談した。

細かい体調から
確かに抗うつ剤の
離脱症状はあるが 
自立神経の乱れも
重なっているのではないかと
意見を受けた。

僕がどう希望しているかよりも
明日の診療内科の担当医には
現状の眠剤の効きを
ありのままに話し
医師の判断を仰いではどうかとも。

眠剤は今の体調では
一長一短がある。

ベルソムラは起床時に
スッキリとはするが 
0時に就寝しても
2時半には起床し
そこから一時間半ごとに
途中起床を続ける。

鮮明で強烈な夢は見るし
ある程度披露が蓄積すると
起床そのものができなくなる。
とはいえ、気分が良い
という効果はある。 

ルネスタは
睡眠は安定しており
途中起床は4時頃に一度二度程度。
その反面、ルネスタ特有の
副作用である口の苦味と 
今現在の吐き気が合わさり
猛烈な不快感に襲われる。

どちらで今後様子を見るかが
僕には判断ができかねる。



自己努力で改善を
試みられる内容も発見できた。 

途中起床は恐らく
尿意も原因である。 

夜は副作用からか
猛烈に喉が乾く。
就寝までの時間
水分を取り続けるのだが

極力日中の水分補給量を増やし
夕飯までにとどめてみてはどうかと。

自律神経の整え方として
”汗をかく”のは効果的だそうだ。

シャワーを10分程度で
入浴を終わらせているが 
湯船に浸かって汗をかいてはどうかと
提案を受けた。

上記の二点はすぐに
取り組めそうだ。



カウンセリグを受けると
自分の問題が明確になり
整理しつつ捉えられる。

もやもやとただ時間だけが過ぎ
日々問題を見つめていない。

今は離脱症状で苦しいだけに
医師の支えは大きい。




明日の日中を乗り切れば
抗うつ剤がやっと手に入る。

5月に入り
睡眠時無呼吸症候群の治療が始まれば
生活レベル自体も上がる。 

まずは一日辛抱をして
それから一ヶ月
また辛抱すれば
なんとか楽になる。

今は苦しいなぁ。 

 にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
プロフィール

ぽけんた

1982年生まれ、九州在住、HIV患者。2013年8月15日に〈いきなりエイズ〉を発症。闘病の記録と正直な気持ちを綴っています。見て頂いた方のお役に立てれば良いです。

服薬
【抗ウイルス薬】
ゲンボイヤ
【その他】
レクサプロ・ベルソムラ・ロゼレム・オロパタジン・カロナール
〔2018年6月現在〕
検査数値 (CD4・RNA)

〈2018〉
450ぐらい・検出値以下 (2/7)
〈2016〉
450ぐらい・29(5/25)
〈2015〉
369・検出値以下(6/8)
〈2014〉
269?・32(4/7)
169・20(3/10)
121・20(2/10)
〈2013〉
110ぐらい・74(12/16)
97・? (11/25)
81・460 (10/7)
155・4000 (9/13)
30・430000 (9/5)
48・? (8/15)
ぼやき
更新状況
応援クリックが励みになります にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
にほんブログ村
記事検索
リンク
【国立機構 九州医療センター】
kyusyu

【エイズ・ワーカーズ・福岡】aidswakazu

【コミュニティセンターhaco】haco

【ぷれいす東京】ptokyo234x60_02

【ジャンププラス】aidswakazu
承諾事項
商用目的、および商用と判断したコメントは、削除もしくは修正させて頂きます。ご了承下さい。
  • ライブドアブログ